2019.1.16のコラム

  • 投稿日:2019年 1月17日
  • テーマ:その他


今回は地震対策についてお話をします。

地震対策にはまず、建物の前に土地の地盤をしっかりと建物を建設する地所、配置を決定し
正確に調査、確認をし、必要であれば地盤補強し、適切な基礎の計画をすることが必要です。
よく聞くことですが先に地盤調査だけでもしませんか?と住宅会社から言われて調査される
ケースがあるみたいですが、建物の大きさ、間取り、配置が決まらないうちにとりあえずの
地盤調査はまったくもって無意味です。

地震対策には大きく分けて3つ、耐震、制震、免震とあります。
耐震とは建物の構造体の強度で地震の揺れに耐えて建物の変形、倒壊を防ぐことです。

耐震には1~3までの等級があり、耐震等級1は数百年に一度程度の地震(震度6~7程度)に対して
倒壊や崩壊しない、数十年に一度発生する地震(震度5程度)に対して損傷しない等級。

耐震等級2は等級1で想定される1.25倍の地震が起きても耐えられる(主に学校や病院などの耐震性能が等級2です)

耐震等級3は等級1で想定される1.5倍の地震が起きても耐えられる(主に消防署や警察署などの防災の拠点となっている建物は等級3です)

耐震等級を高めるために考えられる方法は、頑固な基礎をつくるのは大前提でありますが、壁を強化する、床と屋根
を強化する、柱、梁、土台の接合を強化する、梁も強化するとあります。
間取りによっても出来る出来ないがありますので、柱、壁の配置、量を意識してプランニングをしましょう。


次回へ続く


株式会社樋渡建設
代表取締役 樋渡芳成
記事の一覧に戻る