新築からリフォーム・
リノベーションへ

新築では伊万里、武雄においてはお馴染みの樋渡建設ですが、リフォーム事業に本格的に着手することを決めました。新築事業においてのOB様からリフォームのご依頼をいただくことも多くなっているということもありますが、日本の住生活環境が大きく変わってきているというのが一番の要因です。

これまで、家といえば建てて30年でうわものの価値がなくなるというような財産でした。
しかし、これからの家はメンテナンスし住み継ぐことで価値が上がっていくというような財産に変わってきています。この変化は一朝一夕に起きたことではなく、10年ほど前からの流れです。法制度も変わってきており、家の価値を判断してからの不動産の売買が2020年には義務付けられます。

樋渡建設としては、ようやく正しい家づくりをしてきたことが報われると確信しています。弊社のOB様は幸せだとも自負しています。
なぜなら、樋渡建設の新築は高性能(特に断熱において)であることを基本とし、長持ちさせる設計、素材(メンテナンスをしていくことを前提)を使用しています。当然メンテナンスが必要な部分は出てきますが、住めば住むほどよい家で住みやすいと実感していただける家です。スクラップアンドビルドを前提として設計され、建てられたプレハブハウスではありません。

良い新築を出来る限り安く提供することでお客様の満足を得てきた会社です。高性能な家を低コストで作るために素材、工法を追求してきた会社でもあります。この家づくりをリフォーム、リノベーションにも活かし快適な住環境を伊万里、武雄のより多くの方に提供していこうと決めた次第です。

最高クラスの性能を有する注文住宅を作ってきた技術をリフォーム、リノベーションに活かす

注文住宅とは施主の要望を盛り込んで形にしていく新築です。
樋渡建設ではこの注文住宅を長年作ってきました。しかも、毎年毎年最先端の技術工法を取り入れ、その時々で最高の性能の家を提供してきました。

この技術はリフォーム、リノベーションをするにあたり大変役立ちます。単なるパッケージ化された決まった新築ではなく、単純な構造の機能性のない家ではない、こだわりにこだわりぬいた高性能の注文住宅を設計し、管理し、建てるという技術は非常に高いスキルを必要とします。
当然ながら、1軒として同じ家はないです。間取りも、使う素材も、適切な工法も全て違います。実は、これはリフォーム、リノベーションと全く一緒です。ひと現場として同じものはありません。そこにお客様の要望が重なるわけですので、複雑さは建築の世界でも随一の難しさになります。

設備だけの入替えではそうそう設計、現場の管理、施工において違いは出ませんが、大型のリフォーム、リノベーションになればなるほどそこで技術の差がでます。樋渡建設は最高クラスの性能を有する注文住宅を作ってきた技術をリフォーム、リノベーションにこそ活かせると考えています。

デザインについて

高性能、断熱性能、気密性能、ZEHなどなど、これはどちらかと言うと数字の世界。建物の性能を比較検討する際には大変わかりやすいのですが、家がそれだけでは味気ないものになってしまいます。

これと対極的にある要素がデザインです。

当然、一人ひとりの好みに左右される話になるわけですが実はこの部分も樋渡建設はすごくこだわっています。どんなふうにというのは、新築で実現してきた事例をまず、見ていただきたいです。実際に体感するためにショールームにも来てもらいたいです。空間ごとに違うコンセプトのデザインで表現しています。

全部は言えませんが、例えば、ブルックリンスタイル。そんな言葉にピンとくる方にはLife Style Baseにぜひ一度来てみてください。まさに家づくりのヒントになること間違いなしです。

リノベーション施工事例
新築 施工事例

新築とリフォーム・リノベーション

当然ながら樋渡建設にはまず、新築の商品があります。そして、みなさんが言うリフォームにおいては3つの商品があると考えています。言ってみればリフォームにおける違いです。この違いがあることを理解していないと満足度の低いリフォームになってしまうことがあります。なぜなら、3つのリフォームで必要な技術がすべて違うからです。

まず、一つ目。樋渡建設でも必然的に生まれるリフォームです。それはメンテナンスです。
新築を建てればその家の不具合を直したり、長く家を持たせるためのメンテナンスが必要になります。これがひとつ目のリフォームです。メンテナンスと言ってもパッキンの交換もあれば、大型のメンテナンスになると塗装もあります。家を長持ちさせるためのリフォームと思ってもらえれば良いと思います。

二つ目は古くなったので設備を交換するといったリフォームです。
リプレイスメントと言ったら良いと思います。トイレが使えないわけではないけれど、綺麗に、良い物にと言った考えで交換するというようなリフォームです。設備の交換と考えてもらえればわかりやすいです。

三つ目は性能アップのためのリフォームです。
リノベーションと定義されることが多いようです。性能向上リフォームと言われることもあります。断熱性能、気密性能をアップし新築で実現できる最高基準の家をリノベーションで提供するそういったリフォームです。この地域ではおそらく樋渡建設だけしか提供できないリフォームだと思います。

「スマートウェルネス住宅」
安心で安全、健康に暮らせる住まい

スマートウェルネス住宅とは、エネルギー効率の良い住宅(=スマート住宅)と耐震化やバリアフリーなど安全面に考慮した安心して暮らせる住宅(=ウェルネス住宅)の2つの性能を兼ね備えた「安心で安全、健康に暮らせる住まい」のことです。

樋渡建設は、この住宅を推進するスマートウェルネス住宅推進事業の、住宅改修施工構成者として所属しております。この事業は、国の政策でもある「健康寿命の延伸」のための住宅関連の推進事業です。

断熱性能や気密性能など住まいのエネルギー効率を考慮しつつ、耐震性もあり長く住み続けられるようバリアフリーを完備した住まいを樋渡建設では提供していきたいと考えております。ご家族全員の安心と安全、健康をお約束するスマートウェルネス住宅をご提供します。

樋渡建設 お客様の声
リノベーションお客様の声

樋渡建設をご用命いただいたお客様の声をご紹介しています。
家のリノベーションをご検討中の方はどうぞ参考にされてみてください。

新しい家族ができて、これからのことを考えると部屋が足りなかったり、リビングが狭かったり。リフォームを考えていたところ(伊万里市 M様より)
オシャレな家に住んでいる友人に相談したところ、紹介していただいたのが樋渡建設さんでした。私達の要望や願いをしっかりヒアリングして、何年も後の生活スタイルまで考慮した間取りや各部屋のデザインを考えてくださった真摯な対応にとても感動しました。リノベーション前が嘘のように快適でオシャレな我が家に生まれ変わって、これからの生活が楽しみです。樋渡建設さんにお願いして本当に良かったです。ありがとうございました。

息子が一人暮らしを始めて夫婦二人になるのをきっかけに中古住宅を購入、リノベーションをお願いしました。(武雄市 E様より)

せっかく建てるなら細部までこだわった家にしたい、という私達の気持ちを最優先にしていただいて、家のデザインだけでなくインテリアや家具まで一緒にコーディネートしていただきました。私達のこだわりが形になった家を見た時は本当に感動しました。樋渡建設さんのショールームにある素敵な照明のインテリアを活かしたリビングは、私も妻もお気に入りの空間になりました。

リノベーション

リノベーションへの想い

住まいの性能向上

リノベーションプラン

住宅診断

工事の流れ