光が集る家

自由設計 事例17

南東向きの敷地に真南に建物を配置して、さらに明るく温かく屋根の太陽光発電が効率よくなるように配置して快適に暮らせるように計画しました。
生活動線もスポーツが趣味のご主人やお子さまが「泥んこ」になって帰ってきてもまっすぐお風呂へ行けるように、行き止まりのない動線にして快適で使い勝手のよい住宅となりました。


02.jpg 03.jpg 04.jpg
02.jpg 03.jpg 04.jpg
02.jpg 03.jpg 04.jpg