新築・リフォームに補助金を活用しよう!

※リフォームで子育て・若者世帯に当てはまる場合、最大260万円の補助金がもらえます。その他すべての世帯のリフォームで最大245万円の補助金がもらえます。
※リフォームで子育て・若者世帯に当てはまる場合、最大260万円の補助金がもらえます。その他すべての世帯のリフォームで最大245万円の補助金がもらえます。


国土交通省、経済産業省、環境省の3省連携による補助金事業です。
この補助金事業は、2050年カーボンニュートラルの実現に向け、住宅の省エネルギー化を進めることを目的に創設されました。
※3つの補助金事業は、補助の箇所が重複しない場合に併用申請が可能となっています。

●新築に対する補助金(こどもエコすまい支援事業のみ)

こどもエコすまい支援事業

●リフォームに対する補助金(3省連携の補助金事業)

こどもエコすまい支援事業

先進的窓リノベ事業

給湯省エネ事業

3省連携補助金その①
こどもエコすまい支援事業

新築の補助額

対象住宅補助額
ZEH住宅100万円/戸

※子育て世帯・若者夫婦世帯が対象

リフォームの補助額

対象工事補助額
①住宅の省エネ改修
②住宅の子育て対応改修、バリアフリー改修、
空気清浄機能・換気機能付きエアコン設置工事等
(①の工事を行った場合に限る。)
上限30万円/戸

※全世帯が対象 ※子育て世帯・若者夫婦世帯は、上限45万円/戸(既存住宅購入を伴う場合は60万円/戸

リフォーム補助額例

こどもエコ住まい支援事業は、リフォーム補助対象項目が多い浴室工事・キッチン工事での利用がお得です!

●浴室リフォーム

浴室工事の補助金例
リクシル「リデア:Bタイプ」より画像引用

合計71,000円の補助額

●キッチンリフォーム

リクシル「リシェルSI」より画像引用

合計140,000円の補助額

※1「キッチンセットの交換を伴う対面化改修」で補助金が交付される場合、本項目は補助の対象となりません。※2キッチンセットの移設は対象となりません。

リフォーム補助金の対象

必須工事

次の3つのうちいずれか必須

  • 開口部の断熱改修
  • 外壁、屋根・天井または床の断熱改修
  • エコ住宅設備の設置
任意工事

※必須工事のいずれかの工事を行なった場合に限る。

  • 子育て対応改修
  • 防災性向上改修
  • バリアフリー改修
  • 空気清浄機能・換気機能付きエアコンの設置
  • リフォーム瑕疵担保等への加入
必須工事の詳細
・開口部の断熱改修
ガラス交換、内窓設置、外窓交換、ドア交換3,000円~45,000円/枚or箇所

※窓の断熱リフォームを行う場合は上記の「窓の断熱リフォームに対する補助金」を利用した方がお得です!

・エコ住宅設備の設置
太陽熱利用システム、高断熱浴槽、高効率給湯機 27,000円/戸
節水型トイレ、節湯水栓 5,000円~20,000円/台
蓄電池 64,000円/戸
太陽熱利用システム

27,000円/戸

高断熱浴槽

27,000円/戸

高効率給湯機

27,000円/戸

節水型トイレ

掃除しやすい機能を有するもの:20,000円/台
(上記以外は19,000円/台)

節湯水栓

5,000円/台

蓄電池

64,000円/戸

・外壁、屋根・天井又は床の断熱改修
外壁、屋根・天井、床(部分断熱の場合)40,000円~151,000円/戸
(20,000円~75,000円/戸)
任意工事の詳細
・子育て対応改修
▼家事負担軽減
ビルトイン食器洗機、掃除しやすいレンジフード、
ビルトイン自動調理対応コンロ、浴室乾燥機、宅配ボックス
11,000円~21,000円/戸

▼家事負担軽減

ビルトイン食器洗機

21,000円/戸

掃除しやすいレンジフード

11,000円/戸

ビルトイン自動調理対応コンロ

14,000円/戸

浴室乾燥機

21,000円/戸

宅配ボックス

住宅専用の場合:11,000円/戸
共用の場合:11,000円/ボックス
(最大20ボックスまで)

キッチン対面化
▼防犯性向上
外窓交換、ドア交換
20,000円~49,000円/枚or箇所
▼生活騒音への配慮
ガラス交換、内窓設置・外窓交換、ドア交換
3,000円~34,000円/枚or箇所
キッチンセットの交換を伴う対面化改修※ 89,000円/戸
・防災性向上改修
ガラス交換、外窓交換 6,000円~37,000円/枚or箇所
・バリアフリー改修
手すりの設置、段差解消、廊下幅等の拡張、衝撃緩和畳の設置5,000円~28,000円/戸
・エアコンの設置
空気清浄機能・換気機能付きエアコンの設置19,000円~25,000円/台

3省連携補助金その②
先進的窓リノベ事業

窓の断熱リフォームに対する補助金になります。

窓の断熱リフォームに対する補助金

予算1000億円、過去最大の補助金制度となっています。この機会にぜひご活用ください!

補助額

補助対象補助額
窓のリフォーム工事(内窓設置・外窓交換・ガラス交換)
→高性能な断熱窓(Uw値1.9以下等)へのリフォーム
上限200万円/戸

●補助の対象

窓リフォーム補助の対象

●補助額の例

窓リフォーム補助額の例

窓リフォーム補助額の例

内窓リフォーム例
リクシル「インプラス(内窓)」画像引用

当社での内窓インプラス設置例(1か所)

インプラス 引違い参考価格
製品代+工事代●●●円
補助金額
69,000円

設置費用合計●●●円に対して、69,000円の補助金がもらえます!窓1か所につき1/2相当の額となっており、かなりお得な補助金です。この機会にぜひご活用ください。

※大きさ2.8㎡~の窓ガラスを1窓設置した場合 ※Low-E複層ガラス仕様 引違い窓
※参考価格は当社における見積平均価格にて算出したものになり、実際の工事内容によって異なる場合があります。
※補助金額は実際の工事内容や申請内容などにより異なる場合があります。

3省連携補助金その③
給湯省エネ事業

高効率給湯器導入に対する補助金になります。

補助額

補助対象補助額
家庭用燃料電池(エネファーム)15万円/台
ハイブリッド給湯機(エコワン等)5万円/台
ヒートポンプ給湯機(エコキュート)5万円/台

補助金の対象

エネファーム エコキュート

※新築・リフォームで利用可能。

家庭用燃料電池都市ガスやLPガス等から水素を作り、その水素と空気中の酸素の化学反応により発電するもの。エネルギーを燃やさずに直接利⽤するので⾼い発電効率が得られる。また、発電の際に発生する排熱を回収し、お湯をつくるため給湯に利⽤が可能。
ハイブリッド給湯機ヒートポンプ給湯機とガス温水機器を組み合わせたもの。ふたつの熱源を効率的に⽤いることで、⾼効率な給湯が可能。
ヒートポンプ給湯機ヒートポンプの原理を⽤い、冷媒の圧縮と膨張のサイクルにより、お湯を作り、お湯を貯湯タンクに蓄えて使⽤するもの。

・3つの補助金事業の補助額

新築の補助額
(上限)
リフォームの補助額
(上限)
① こどもエコすまい100万円/戸
(1申請/戸・世帯)
工事内容と世帯属性に応じて、
5万円※~60万円/申請
(世帯等属性に応じて
30万~60万円/戸)
② 先進的窓リノベ対象外工事内容に応じて、
5万円~200万円/申請
(200万円/戸)
③ 給湯省エネ設置する給湯器に応じて、
5万円または15万円/台
(戸建:2台/戸 共同住宅等:1台/戸)

・申請などの期限

■交付申請期間

2023年3月下旬~予算上限に達するまで
(遅くとも2023年12月31日まで)※いずれの事業も、締切は予算上限に応じて公表します。

・補助金の申請について

申請手続き、補助金の受取と一般消費者への還元は樋渡建設が代わりに行います。
(一般消費者の方が申請することはできません)

・補助金を利用されたい方はお早めにお声がけください。

交付申請期限は2023年12月末までですが、予算枠に達した時点で交付申請が打ち切られるためご注意ください。この制度を利用されたい方はお早めに樋渡建設までお声がけください。


内容の詳細についてはこちらをご確認ください。

※2023年1月時点の情報です。概要の内容は変更になる可能性があります。