繰り返す余震にも
耐えて、長期にわたり
住み続けられる耐久性

耐震等級3はもちろん、制震システムまで標準搭載。繰り返しの地震にも強く、もしもの時に家族が安心して生活できる家づくりを行っています。

樋渡建設の耐震構造

01.優れた耐震性能

私たちは、建築基準法で定められた基準の1.5倍の耐震性能をクリアする耐震等級3を基本としています。

熊本地震 (2016年4月14日)
直接死:50 人  関連死:170 人 。
2016年4月14日に私たちを襲った熊本地震において、家屋の倒壊等で亡くなる直接死よりも、避難生活によるストレスなどで亡くなる震災関連死のほうが多いという報告がされています。 つまり、繰り返す余震にもしっかり耐えて、長期にわたり住み続けられる耐久性を備えていることが、住宅として最低限求められます。

地震は、前震・本震・余震と何度も襲ってきます。一度の大きな揺れに耐えられるだけではなく、複数回の揺れにも対応できる家を建てなければなりません。建物の強さは、消防署など防災拠点となる建物と同じ『耐震等級3』の強度を標準としています。さらに制震装置も加えることで、大きな地震を受けても、家にダメージを残さず、揺れを可能な限り抑えます。
地震が起きても、家族が自分の家で過ごせるシェルターになるような家。そんな家を目指しています。

樋渡建設 耐震+免震構造

02.構造計算で設計

複雑な構造計算で設計、
より安心いただける家づくり

構造安全性を確認する手段はいくつかあります。通常2階以下の木造住宅では、強度に対して「壁量計算」で設計されることが多く、壁量計算のみでも「耐震等級3」をクリアすることはできます。

私たちは、より複雑な「構造計算(許容応力度計算)」で設計しています。構造計算とは、家の重さを計って、縦や横にかかる力を想定し、そのときの家の傾きを調べる計算方法です。壁の量だけでなく、災害時に建物にかかる力の検証などもしっかりと行い、より安心いただける家づくりを行っています。

03.耐震+制震構造

制震装置“EQガード”を標準装備

現在の耐震基準は、繰り返される大きな揺れは想定していません。1度の地震に耐えたとしても、その後起こり得る余震に耐えられず強度が落ちていきます。地震後も住み続けられる家であるためには、「制震」「高耐震」で損傷被害を最小限にとどめる必要があります。

樋渡建設の家づくりでは、鉄の特性を利用して揺れにブレーキをかける制震装置「EQガード」を設置しています。鋼板ダンバーが変形し、地震エネルギーを吸収します。3つの部材が効率的に揺れを吸収することで、繰り返しの揺れにも高い効果を発揮。建物へのダメージを低減します。国土交通大臣認定を取得しており、耐力壁としても大きく期待できます。

EQガードを設置した場合としなかった場合での、阪神・淡路大震災級地震の揺れをモデルとした比較検証実験では、EQガード設置なしが、1回目の地震で大きく筋かいが変形し、3回目で破損したのに対し、EQガード設置ありでは、10回目の地震でもほぼ変化することはありませんでした。
耐震+制震の重要性がよくわかりますね。

制震装置EQガードの 取り付けは
新築のときがベスト

制震装置は高額・・。と敬遠される方も多いことでしょう。
ですが、考えてみてください。新築時に地震対策として、EQガードを導入する際の価格は4セット使用で約18万円、地震により倒壊してしまった家の再建費は平均約2500万円。

頼りにしたい地震保険でも、不足分を全額カバーするのは難しいのが現状です。ほかにも、引っ越し・家財の買い替え・ローン・ケガなど、様々な負担が必要になることも。
制震装置EQガードを取り付けるのは、新築のときがベスト。
後悔しない家づくりのために、「はじめの備え」をぜひご検討ください。

ー「家づくりサポート」関連記事ー

その他の特長
他の特徴を見る

災害が起こっても
快適に住める家づくり

余震にも耐え長期にわたり
住み続けられる耐久性

健康被害を予防する
高気密高断熱設計

「暮らしたい」から
考えた家づくりをご提案