ZEHとは

ZEHとは、ゼロ・エネルギー・ハウスの略で、家で使うエネルギーと創るエネルギーを相殺してゼロになることを目指した住宅のことです。

経済産業省では、「2020年までにハウスメーカー等が新築する注文戸建住宅の半数以上で、2030年までに新築住宅の平均でZEHの実現を目指す」という政府目標を掲げています。樋渡建設でもZEHビルダー認証を得て実現に向けて積極的に取り組んでいます。

ZEHにするメリット

家計にやさしい!
家庭の消費エネルギー収支がゼロだから光熱費の大幅な節約にもつながります。創エネ、蓄電で日々のランニングコストを抑え、余剰電力があれば電力会社に販売することもできます。
体にもにやさしい!
家の高断熱化によってエアコンの効率がよくなり、「夏は涼しく、冬は暖かい」快適な室内環境となります。ZEHなら家の中の温度を一定に保ちやすいので、ヒートショックのリスクを低減できます。
環境にやさしい!
ZEHの主な創エネ設備である太陽光発電システムや家庭用燃料電池は、発電時にCO2を排出しない地球に優しい発電方法です。地球温暖化の原因の一つと言われているCO2を発生させません。
補助金が利用できる!
ZEHを建てる際には国から補助金をもらうことができます。補助金の対象事業には、仕様別にZEH、ZET+、ZEH+Rなどそれぞれに補助金額が設定されています。詳しくはお問い合わせください。
将来の資産価値が上がる!
国は現在、築後20年でほぼ無価値になる戸建て住宅の査定方法の改定を進めており、家の質の高さが取引価格に反映されるよう評価の仕組みを見直す意向です。つまり、ZEHが標準装備されると将来の家の評価が上がると言えます。

樋渡建設なら高気密をプラスしてさらに高性能に

ZEHの要件の中に気密性は定められていません。つまり、断熱性能が高い家でも気密性が低ければ家の場所によっては室温が低いところが出てくる可能性があります。ZEHの断熱性能に当社が誇る高気密性をプラスすることで冬を暖かく暮らすことができます。

樋渡建設の家づくりでは、平均C値は0.5㎠/㎡であり、地域の基準を上回る気密性を標準装備しています。

樋渡建設はZEH住宅の普及を目指しています!
ZEHZEH
普及率
2017年実績 2018年実績 2019年実績 2020年実績 2021年実績
17% 14% 43% 32% 50%
樋渡建設はZEH住宅の普及を目指しています!
ZEHZEH
普及率
2017年実績 17%
2017年実績 14%
2017年実績 43%
2017年実績 32%
2017年実績 50%