お客様に任せていただいた時や

家が出来上がって喜んでいただけた時、

やってて良かったと嬉しくなります。

入社4年目
インテリアコーディネーター 尾﨑 雄士

お仕事の内容を教えてください

設計士とお客様の方でプランが固まった後、インテリアコーディネーターがお客様とのお打ち合わせを行い、ご希望イメージなどの聞き取りをいたします。内外壁の色や素材関係、キッチン・水廻り・トイレなどを決めていきます。意外に思われますが、外壁の色なども一緒に決めます。

水廻りなど福岡のショールームにお客様と同行させていただくこともあり、実物を見てアドバイスしながらお客様に選んでいただきます。

また、弊社はインテリアも取り扱っているので照明などはプランを作ってお客様にご提案しています。家具については、前のお住まいから持ち込まれる場合は部分的にご提案となりますが、トータルでご提案するケースもあります。

さらに、弊社に限ってかはわかりませんが、お見積りも行います。ご予算の中でお客様のご希望にできる限り沿えるようご提案をしています。

ご自身の自宅もおしゃれそうですね。

ちなみに私自身、去年の10月樋渡建設で建てさせていただきました。老後でも抵抗のないデザインにしようと極力シンプルにしました(笑)。

このお仕事を選んだ理由や動機は何ですか?

転職で入社し、今年の4月でちょうど4年目になります。ちゃんとしたコーディネーターとしては樋渡建設が初めてで、前までは現場メインで働いていました。

大学は建築系で、高校の時からインテリア系の仕事をしたいと思っていました。以前は店舗内装の現場監督をやっていて、その時はやりたいことがはっきりしていませんでした。原点に返ってインテリアをしたいと思ったときに、そのきっかけだったのが自分の部屋だったので、住宅のコーディネーターをしたいと思い、目指しました。

お仕事を通じて得られたものや、心に残るエピソード・思い出などはありますか?

自分の力不足もあり、なかなかインテリアの内容が決まらないことがありました。特に最初の頃はなかなかうまく提案できず、お客様に納得していただけるまで打ち合わせの回数も多くなってしまいました。最近は慣れてきたのもあり、「尾﨑さんがいいと言うなら」と言っていただけることもあって、やってて嬉しいと感じるときでもあります。
やはり、最初は図面上なのでイメージができなくても、出来上がって喜んでいただけたときが嬉しいですね。

休日の過ごし方を教えてください

休みの日は料理をしたりもします。家づくりの時、水廻りは女性目線なので男の人にはわかりづらいところもあって、休みの日に料理をして女性の気持ちがわかるようになったらと思っています(笑)。

応募を考えている方にメッセージを!

自分の提案したものが形になるというのが、この仕事の一番の良さだと感じます。その分いろんな知識を習得しておく必要はありますが、やりがいのある仕事だと思います。

他のインタビューを見る

営業(広報)

入社2年目
山口 麻莉奈

営業

入社4年目
黒川 由香利

工務

入社4年目
山田 三津雄

設計

入社6年目
橋本 佐恵

設計

入社12年目
寺田 めぐみ

募集要項

現在、樋渡建設では人材を募集しております。
募集要項については以下よりご確認ください。